« 読書録:今野晴貴「ブラック企業 日本を食いつぶす妖怪」 | トップページ | 読書録:ガーシェンフィールド「 Fab ―パーソナルコンピュータからパーソナルファブリケーションへ」 »

2013/02/12

メイクの下手なブスがキライなだけだろ

 はてなダイアリーで、薄いメイクが好きと言いつつ、結局、美人が好きなのは偽善、とかいうエントリ
 http://anond.hatelabo.jp/20130208025703
 が、ちょっとバズってて読んでみたんだけど、何を言いたいのか、よく分からねぇ。

 まあ、男の趣味も色々とあるとは思うので、自分の価値感が絶対だとは思わないし、そういう男もいるんだろうけども、彼女が絶対に何か勘違いしていると思われるのは、「メイクをすれば容姿が向上する」という考えを前提にしているようだけども、少なくとも、俺個人は、メイクで容姿が向上することは、まあ、よっぽど技術がない限りムリと思ってるんですよっと。

 よく言われるように、ナチュラルメイクとメイクが薄いのは違うし、確かにそこを理解してない男はイッパイいるとは思うんですが、まあ、一般論で言って、

 ブス×すっぴん=ブス ブス×メイク=超ブス ブス×超絶技巧メイク=やや残念
 美人×すっぴん=美人 美人×メイク=やや残念 美人×超絶技巧メイク=美人

くらいな感じじゃねーの。つか、少なくとも、俺の好みのタイプ(=目鼻立ちハッキリしてて、かつビッチくさくない)だと、そうです。メイクで目鼻強調しようとすればするほど、面白フェイスになってる人はよく見る。整形も同様。

 あと、まあ、顔の認知に関する問題とかも多分あって、木を見ず森だけ見る人には、ディテイルよりも全体の雰囲気が重要なんで、メイクとか効果的だと思うし、写真やテレビ、舞台では細かい部分は伝わらないのでメイクは大事なんだろけど、少なくとも、俺は木を見て森も見る人なんで、やっぱ、リアルで会って、メイク濃い人はどうしてもメイクのディテイルに目が行って、キモいと思うんですよねー、と。

 結論: メイクはブスを見分けにくくするからではなく、ブスであれ美人であれ、メイクが醜悪にすることはあっても、改善することはまずないから、すっぴんを支持します。ありがとうございました。  

|

« 読書録:今野晴貴「ブラック企業 日本を食いつぶす妖怪」 | トップページ | 読書録:ガーシェンフィールド「 Fab ―パーソナルコンピュータからパーソナルファブリケーションへ」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/30353/56747846

この記事へのトラックバック一覧です: メイクの下手なブスがキライなだけだろ:

« 読書録:今野晴貴「ブラック企業 日本を食いつぶす妖怪」 | トップページ | 読書録:ガーシェンフィールド「 Fab ―パーソナルコンピュータからパーソナルファブリケーションへ」 »