« 僕の考えた芸術的価値の歴史的変遷につて | トップページ | メイクの下手なブスがキライなだけだろ »

2013/02/11

読書録:今野晴貴「ブラック企業 日本を食いつぶす妖怪」

 大学で労働法を専攻しながら関連NPOで労働法関連の相談を行ってきた、という著者の経歴からすると、仕方がないのかもしれないが、法規制によってブラック企業を取り締まる、という主張に中々、同意できない部分がありつつ、読み進めた。

 著者が指摘するように、現時点で労働法は交通法と同じくらい遵守が不可能な法体系になっていて、日本の企業はすべてがブラック企業になりうる可能性を持っている中、意識的、戦略的に法の網目をかいくぐる企業が増える一方なのだから、法規制を強めたところで、脆弱な企業の労務管理コストがかさむ一方、真のブラック企業は対策を立てるだけだろう、と。

 たとえば、著者は、対策の一例として、欧州では退社後11時間以内の出社が認められない、と紹介するものの、日本で今、同じことをやったら、持ち帰りの残業が増えるだけ、というのは想像に難くないし、書中でも紹介があるように、守秘義務とかの関係を考えると、単純に仕事を持ち帰るための新たな仕事を生むだけだと思うんだがね。
 公的な職業訓練を充実させるべき、とか言っても、それって今、普通にやったら、書中でも批判されてる希少価値の少ない資格試験の保有者を増やすだけで、一層、使い捨てを増やすだけな気もするしね。

 最大の問題は、書中でも再三、指摘があるとおり、終身雇用+年功序列とセットでの滅私奉公が日本型雇用の典型だったのに、今、終身雇用+年功序列が崩壊したけど、滅私奉公だけが強要されている、という点なのだろう。

 まあ、書中では、あんまり記述がないけど、かつては大企業での滅私奉公が嫌な人は、結構、中小企業を中心にして手に付けた職で、渡り鳥的に生きていたり、個人事業主として創業するケースというのが、少なくとも、1970年代くらいまでは成立した、と聞くけどね。

 それで、これだけ民主主義が成熟してくると、自分の頭で考える、責任やリスクは自分で取る、という風潮は強まっていく訳だけれども、悪いけど、フリーランスとか個人事業主なんて、まあ、ノマドとか呼んでもいいですけど、それって、完全に長時間労働&低賃金で、全然、ブラックだから。まして、人を雇って、経営者になんかなったりしたら、他人の人生にまで責任を負うハメになって、断然、ブラック。

 まあ、読んでいて、被害者の人たちが意味分からん、と思いつつも、多少、同情する余地があるかな、と思うのは、大卒新卒終身雇用なんて、いまや所詮、幻想でしかないのに、その幻想に縛られて、冷静に可能性を判断することができなくってる部分ですかね。
 もちろん、現実には、大卒新卒じゃないと労働市場での価値は大きく下がるんだけど、そもそもブラック企業で時間を過ごしても価値は上がらないし、身や心を潰したら、もっと価値を下げるんだから、いわゆる「損切り」する勇気は必要だろう、と。

 個人的には、民主化が進んでいる以上、人間はワガママになっていくし、ワガママな自分を認めてあげて、合わない会社は辞める、という決断をするしかないんだと思います。
 残念ながら、合わない会社だけど、そこそこ働いてそこそこの給料を、というヌルい会社は、グローバル化の中では生き残れないから。そういう仕事をしたいなら、時給のバイトで贅沢を言わずにぎりぎり生きていくか、1980年代以前の日本みたいな状況にある発展途上国に行ったらいいんじゃないですかね? もちろん前者の仕事は、いつ移民受け入れして途上国からの出稼ぎ労働者に取られても仕方ないけど。

 いや、まあ、自分は中小企業だらけの町で、自分がやりたいことをやりたいようにやるために零細スタートアップを立ち上げた人を親に持って(創業年と自分の生まれ年が一緒)、そこそこ有名大学で就職活動をやってるうちに、大企業で働く・・・前に、就職活動で個性を殺してオトナの喜ぶウブな青年を演じるのがアホらしくて、無職を選んだ人間で、今また、中小企業の経営者の皆さんと一緒に仕事をしてる身(長時間労働+低賃金上等!の超ブラック市役所勤務)なんで、まあ、一般的な会社員希望の若い人たちとは、全然、価値感が違うのかもしれませんけど。

 まあ、とにかく、労働法を専門にしていると昔ながらの左翼的なイデオロギーを背負ってしまうのか、マルクスの時代の資本家みたいな目線で、企業を見ているフシがあって、企業なんて、所詮ただのシステム、インフラでしかないし、善悪二元論でモノゴトを切り分ける限り、問題は解決しないんだろーなー、と思いました。

|

« 僕の考えた芸術的価値の歴史的変遷につて | トップページ | メイクの下手なブスがキライなだけだろ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/30353/56745858

この記事へのトラックバック一覧です: 読書録:今野晴貴「ブラック企業 日本を食いつぶす妖怪」:

« 僕の考えた芸術的価値の歴史的変遷につて | トップページ | メイクの下手なブスがキライなだけだろ »