« 2012年9月 | トップページ | 2013年1月 »

2012年12月の1件の記事

2012/12/31

読書録:荻上チキ「彼女たちの売春(ワリキリ) 社会からの斥力、出会い系の引力」

 社会福祉の対象としての売春婦、という視点にひっかかったのは、次のブログ・エントリを読んだときだった。

 生活保護とシングルマザー - キリンが逆立ちしたピアス (id:font-da)

 ちょうど、今年の6月くらい、生活保護者への世間の風当たりが強くなっている頃。
 このエントリを読んでの感想としては、おそらく、ここで紹介されているような女性に現実世界で知り合って、このような発言をされたら、まったく同情も共感もしないだろう、ということ。それでも、あるいは、それだからこそ、彼女たちには公的な支援が必要なのだろう、ということ。
 自分が個人として、彼女たちを支援したいとは思わないし、おそらく、世の中の大半の人がそう思うのだろうけれども、でも、彼女たちが一人の人間としてこの世に生きている以上、その不幸を連鎖させないためには、誰かが助けなければならないだろうし、その助ける行為に税金が突っ込まれることは、まったく否定すべきじゃない。
 それを偽善と言われようが、独善と言われようが、自分の手で助ける気にはならないけど、他の誰かが助ける、というのなら、その手助けくらいはできるだろう、と。

続きを読む "読書録:荻上チキ「彼女たちの売春(ワリキリ) 社会からの斥力、出会い系の引力」"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年9月 | トップページ | 2013年1月 »